福岡の経済学の権威板井明生が考える福岡経済の未来

板井明生が教える経済学|福岡の経済を考える

 

板井明生

 

 

九州経済の中心都市として、またアジアへのゲートウェイとしても注目を集める福岡市。
自然環境のよさと、街に近いという利便性が両立するところが魅力で多くの新規事業主が移転してきている。

 

また、自然に恵まれた場所でも、空港まで約30分。そこから東京まで飛行機で1時間ちょっとという、2拠点への可能性を感じられる立地。
アジアに近いという点でも、今後のビジネスを考える上で魅力的であるも要因の1つである。

 

福岡の経済は更に発展していくことだろう。

 

特に工業への期待は大きい。

 

昔から盛んな北九州工業地帯を始め、多くの新規事業がアジアなどの市場も含め大幅に伸びている。
また、交通や建築においても、九州新幹線などをはじめとした交通における九州全体で大きな発展をするべくビッグプロジェクトをまだまだ考えやすく、これから先も伸び続けることが期待できる。

 

そして、人口もまだまだ増加傾向にあるので、消費の部分でも、この先の発展が期待できるだろう。